業務案内|山口市での建築設計・リノベーションは田尻裕樹建築事務所にお任せ下さい。

業務案内

私たちの設計について

私たちの設計について

当事務所では木材の良さを生かした木造住宅を中心とした建築業務のご依頼を受け付けています。

現在の日本の住宅の大半を占めるのは工業化住宅ですが、私たちは工業化住宅では表現できないオーダーメイドな住宅をつくることを心がけています。日本は世界有数の森林国であり、その森林から採れる木材を加工する優れた大工職人がいます。心地よい住宅を作るためには、自然の木材を素材として使用することが必須だと考えています。素材・職人が揃った環境の中、本物の木造建築を作る役割を担うのは私たちに課せられた任務と捉え、日々の活動に努めています。

住宅の設計において、「住宅建築」としての表現(デザイン)に重きを置く建築家の方もいらっしゃいますが、私は、他でもなくその住まいで暮らす方にとって最高の住まいを作ることが最重要と考え、生活に我慢を強いたり、構造的に無理をしたり、過剰なコストをかけたりすることのないデザインを心掛けています。個々の住まい方を見、聞き、感じ、建築する敷地において、それらに合う最適な住まいを提供するのが私たちの設計手法です。間取り・庭・建物性能などのこだわりはもちろん、些細なご要望もできる限り反映できるように取り組んでおります。何でもご相談いただければと思います。

現場監理について

建築工事は当然ですが数多くの職人さんの手で行われていきます。人間の心と手で行いますので、機械のように均一な仕事を行うのは非常に難しいことです。
また、使用する材料につきましても、特に木材のような自然素材はカタログで選ぶものでもありませんので、どのような材料が使われるかは現場の判断で決定します。これらの職人技術・素材品質といった要素は建築の中でも非常に大切な部分です。設計業務が完璧でも、工事の監理がしっかりしていなければ、建築の品質を保つのは困難です。それゆえ施工中の監理は大変重要となります。
私たちは、職人さんたちとのコミュニケーションを重要視すると共に、施工図と呼ばれる詳細な設計図を作ります。それを元に部材の止め付け方や施工順序など、職人さんたちと細かな打ち合わせを行います。設計者も現場でものづくりの立場に立って指示図面(施工図)をかくことが大変重要です。
住宅設計においては、住まい手が工事前に空間のイメージをしっかり把握するのは難しいと思います。当然着工までにしっかりと打ち合わせを行いますが、着工後も現場を確認しながら、最高の住まいのかたちに近づける作業を行っていきます。

依頼の流れ

お問い合わせ
まずはお電話またはメールにてお問い合わせください。
ご相談
最初のお打ち合わせをします。
お客様のご希望・予算・趣味等々どんな事でもお話しください。
また、土地をお探しの方もお気軽にご相談ください。
料金のお支払いのタイミング等、工事の全体の流れもご説明いたします。
現地調査
建設予定地を調査します。
広さ、土地の形等を確認し、イメージを膨らませていきます。
基本設計
お客様に伺った内容や現地調査をふまえて設計図を作成します。
間取り、外観の構造等を決めていきます。
設計監理契約
基本設計の内容にご納得いただきましたら正式なご契約となります。
実施設計
基本設計に基づき、詳細な設計をします。
着手前申請
役所への申請が必要となります。
工事請負契約・着工
最終図面を確認し、工事業者との契約をしていただきます。
契約時は当事務所も立ち会います。
契約成立となりましたら着工となります。
工程が終わるごとに検査を行いますのでご安心ください。
検査
完成しましたらお客様、当事務所、施工者立ち合いの元検査を致します。
万が一不具合な箇所があればすぐに対応します。
お引渡し
検査完了後、お引渡しとなります。

Mail Form

お問い合わせご相談はこちらから

田尻裕樹建築事務所
〒753-0221
山口県山口市大内矢田北4-15-6

当事務所は山口市にて木造住宅を中心とした建築設計・リノベーション設計を行っています。
敷地や周辺環境を取り込んだ住まい手のライフスタイルに最適なプランニングと、多種多様な木材の表情・質感を生かした木の住まいのデザインをご提案いたします。

  • 090-2865-9322
  • mail

PAGE UP