ブログ詳細:赤穂の住宅調査(1980年)|山口市での建築設計・リノベーションは田尻裕樹建築事務所にお任せ下さい。

ブログ詳細

赤穂の住宅調査(1980年)

2016年06月21日 火曜日
兵庫県赤穂市に建つ木造住宅の詳細調査に参加しました。
1980年建築でちょうど新耐震基準に変わった頃の建物でした。
 
IMG_2243-300x225.jpg
 
今回は劣化状況、耐震性能の担当として調査を行いました。
外回りから屋根や外壁の劣化状況を確認します。
 
 
IMG_2199-300x225.jpg
 
外壁には数カ所クラックがありました。クラックスケールで大きさを測ります。
 
 
IMG_2262-300x225.jpg
 
玄関の庇の状況。塗装した鉄板の庇でしたが、
塗装が劣化して下地の鉄板がかなり錆びていました。
放置しておくと錆びが浸食していきますので、改修工事の必要があると思います。
屋根は普段見えないところが多いので、このような調査診断で初めて劣化具合が分かることも多いです。
 
 
IMG_2326-300x225.jpg
 
図面に劣化箇所を書き込んでいきます。
 
 
 
IMG_2286.jpg
 
室内から劣化状況の確認。水周りの柱の足元に腐りがみられました。
その他、床や柱の傾きも計測しています。
阪神大震災を経験した住宅ですが、傾きは小さく問題ない状況でした。
地盤がしっかりしていると想定されます。
 
 
IMG_2315.jpg
 
 
床下や天井裏などから耐力壁要素である筋交いの設置を確認しました。
図面通り入っていない箇所もあり、耐震性能が不足しているように思われます。
建築時の設計図面が残っていても隠れる部分などは調査をしてみないと分かりません。
しかし、このような問題点を調査診断で見つけることにより、改修計画の方向性もたてやすくなります。
開けてみないと分からないと言わないようにしっかりと調査を行います。
 
back

Mail Form

お問い合わせご相談はこちらから

田尻裕樹建築事務所
〒753-0221
山口県山口市大内矢田北4-15-6

当事務所は山口市にて木造住宅を中心とした建築設計・リノベーション設計を行っています。
敷地や周辺環境を取り込んだ住まい手のライフスタイルに最適なプランニングと、多種多様な木材の表情・質感を生かした木の住まいのデザインをご提案いたします。

  • 090-2865-9322
  • mail

PAGE UP