ブログ詳細:松山の住宅調査(1965年)|山口市での建築設計・リノベーションは田尻裕樹建築事務所にお任せ下さい。

ブログ詳細

松山の住宅調査(1965年)

2016年06月21日 火曜日
愛媛県松山市にて住宅調査を行いました。
 
 
IMG_4916-300x225.jpg
 
 
木造2階建ての住宅です。1965年頃に建売住宅として建築されたようです。
今回は少人数での調査でしたので、小屋裏・天井裏を一人で調査しました。
 
 
IMG_1253.jpg
 
 
小屋裏の様子。壁が土壁であることが分かります。
外壁側は土塗壁が桁まで届いていますが、手前の間仕切り壁の土壁は天井を超えたところで止まり、
構造材である梁まで届いていません。
土壁も耐力壁として計算できますが、梁に届いてない壁は耐力壁として十分な力が伝わらないことになります。
この場合は力を低減して計算します。
 
 
IMG_1309-300x225.jpg
 
 
床組の一部に鉄骨が使われていました。
木の梁では支えきれないと判断しての納まりだと思われますが、
この時代の建築には割とよく見られる手法のようです。
上下のLアングル部材をパイプを溶接してトラス梁としていましたが、
軽量で配線などもしやすい合理的な形です。
 
 
IMG_4899.jpg
 
 
調査結果を図面化していきます。木材の含水率も計測し、図面に落とし込んでいきます。
今回は含水率の高い部材はなく乾燥している状態でした。
含水率が高いと腐り・カビなどの要因になります。
 
 
IMG_1273.jpg
 
 
屋根は瓦葺きでしたが、勾配が緩いためか苔のような汚れが付着していました。
新築当初は想定しきれない部分ですが、勾配の緩い屋根をつくるとこのような事象も起きるのが分かります。
古い建物を調査することにより経年劣化の状況も見えてきます。
 
back

Mail Form

お問い合わせご相談はこちらから

田尻裕樹建築事務所
〒753-0221
山口県山口市大内矢田北4-15-6

当事務所は山口市にて木造住宅を中心とした建築設計・リノベーション設計を行っています。
敷地や周辺環境を取り込んだ住まい手のライフスタイルに最適なプランニングと、多種多様な木材の表情・質感を生かした木の住まいのデザインをご提案いたします。

  • 090-2865-9322
  • mail

PAGE UP